松下幸之助の生涯

パナソニックを創業し世界的企業へと成長させた松下幸之助。その誕生からむめの夫人との出会い、死去までの94年間の歩みを紹介します。

創業から終戦まで

1918年(大正7年)から1945年(昭和20年)まで

  1. 松下電気器具製作所を創立 1918年(大正7年)
  2. M矢の商標を制定 1920年(大正9年)
  3. 歩一会を結成 1920年(大正9年)
  4. 電話を初めて架設 1920年(大正9年)
  5. 税金に悩んで悟ったこと 1921年(大正10年)
  6. 第1次本店?工場を建設 1922年(大正11年)
  7. 砲弾型電池ランプを考案 1923年(大正12年)
  8. 関東大震災が起こる 1923年(大正12年)
  9. 代理店制度を実施 1923年(大正12年)
  10. 山本商店にランプの販売権を譲渡 1925年(大正14年)
  11. 区会議員に推されて当選 1925年(大正14年)
  12. 特許第1号を出願 1926年(大正15年)
  13. ランプの販売権を買い戻す 1926年(大正15年)
  14. 力石で運を試す 1926年(大正15年)
  15. 電熱部を設置 1927年(昭和2年)
  16. 住友銀行と取引を開始 1927年(昭和2年)
  17. 角型ランプを発売 1927年(昭和2年)
  18. 新聞にランプの広告を出す 1927年(昭和2年)
  19. スーパーアイロンが完成 1927年(昭和2年)
  20. 綱領と信条を制定 1929年(昭和4年)
  21. 深刻な不況を独自の打開策で克服 1929年(昭和4年)
  22. 不況下に自動車を購入 1930年(昭和5年)
  23. 初荷を挙行 1931年(昭和6年)
  24. ラジオの生産販売を開始 1931年(昭和6年)
  25. 歩一会第1回春期運動会を開催 1931年(昭和6年)
  26. 事業の真使命に思い至る 1932年(昭和7年)
  27. 第1回創業記念式を挙行 1932年(昭和7年)
  28. 重要特許を買収し一般に公開 1932年(昭和7年)
  1. 新春を迎えて 1933年(昭和8年)
  2. 事業部制を実施 1933年(昭和8年)
  3. 朝会?夕会を実施 1933年(昭和8年)
  4. モートルの研究を開始 1933年(昭和8年)
  5. 「松下電器の遵奉すべき5精神」を制定 1933年(昭和8年)
  6. 門真地区に本店?工場を建設 1933年(昭和8年)
  7. 守口三郷地区に乾電池工場を建設 1933年(昭和8年)
  8. 店員養成所を開校 1934年(昭和9年)
  9. 正価販売運動を推進 1935年(昭和10年)
  10. 松下電器貿易(株)を設立 1935年(昭和10年)
  11. 松下電器産業株式会社に改組 1935年(昭和10年)
  12. 基本内規を制定 1935年(昭和10年)
  13. ナショナル電球(株)を設立 1936年(昭和11年)
  14. 加藤大観師と同居 1937年(昭和12年)
  15. 「ナショナル」マークを改正統一 1937年(昭和12年)
  16. 高野山に物故従業員慰霊塔を建立 1938年(昭和13年)
  17. 「3つの心得」を通達 1939年(昭和14年)
  18. テレビの公開実験に成功 1939年(昭和14年)
  19. 第1回経営基本方針発表会を開催 1940年(昭和15年)
  20. 発明者?考案者番付 1941年(昭和16年)
  21. 歩一会大運動会を開催 1941年(昭和16年)
  22. 太平洋戦争が起こる 1941年(昭和16年)
  23. 軍の要請で松下造船(株)を設立 1943年(昭和18年)
  24. 軍の要請で松下飛行機(株)を設立 1943年(昭和18年)
  25. M矢の社章を三松葉に改訂 1943年(昭和18年)
  26. 社内演芸大会を実施 1944年(昭和19年)
  27. 太平洋戦争が終わる 1945年(昭和20年)

終戦から会長就任まで

1945年(昭和20年)から1961年(昭和36年)まで

会長就任から逝去まで

1961年(昭和36年)から1989年(平成元年)まで

  1. 本社新社屋が竣工 1961年(昭和36年)
  2. PHP研究を再開 1961年(昭和36年)
  3. 「所得倍増の二日酔い」を発表 1961年(昭和36年)
  4. タイム誌で紹介される 1962年(昭和37年)
  5. 「経営指導料」について発表 1963年(昭和38年)
  6. タイム社創立40周年記念祝賀会に出席 1963年(昭和38年)
  7. ロサンゼルス市で歓迎される 1963年(昭和38年)
  8. 中央研究所の新社屋が竣工 1963年(昭和38年)
  9. NHKで池田総理と対談 1963年(昭和38年)
  10. 海外から賓客が来訪 1955年~(昭和30年代後半)
  11. CIOS主催の国際経営会議で講演 1963年(昭和38年)
  12. 大阪駅前陸橋の寄贈を発表 1964年(昭和39年)
  13. 販売会社社長懇談会を開催 1964年(昭和39年)
  14. 「共存共栄」の色紙を贈呈 1964年(昭和39年)
  15. ライフ誌で紹介される 1964年(昭和39年)
  16. 大型コンピュータ事業から撤退 1964年(昭和39年)
  17. 「ダム経営」について発表 1965年(昭和40年)
  18. 週5日制を実施 1965年(昭和40年)
  19. 早稲田大学の名誉法学博士に 1965年(昭和40年)
  20. 「青春」の額を贈呈 1966年(昭和41年)
  21. 「天馬往空之像」が完成 1966年(昭和41年)
  22. 「5年後に欧州を抜く賃金を」と発表 1967年(昭和42年)
  23. 「松下電器歴史館」が開館 1968年(昭和43年)
  24. 創業50周年記念式典を挙行 1968年(昭和43年)
  25. 「児童の交通等災害防止対策資金」を寄贈 1968年(昭和43年)
  26. 霊山顕彰会会長に就任 1968年(昭和43年)
  27. 「科学と工業の先覚者」の銅像が完成 1968年(昭和43年)
  28. 「過疎地に工場建設を」と発表 1968年(昭和43年)
  29. PHP誌が100万部を達成 1969年(昭和44年)
  30. 松下電器技術展を開催 1969年(昭和44年)
  1. 万博松下館の開館式を挙行 1970年(昭和45年)
  2. 勲一等瑞宝章を拝受 1970年(昭和45年)
  3. 英文版PHP誌を創刊 1970年(昭和45年)
  4. タイム?カプセルを埋設 1971年(昭和46年)
  5. 飛鳥保存財団理事長に就任 1971年(昭和46年)
  6. 「人間を考える」を発刊 1972年(昭和47年)
  7. 会長を退任し、相談役に就任 1973年(昭和48年)
  8. 「感謝の会」に夫婦で出席 1973年(昭和48年)
  9. 「崩れゆく日本をどう救うか」を発刊 1974年(昭和49年)
  10. 松下労組の結成30周年記念式典に出席 1976年(昭和51年)
  11. 再びロサンゼルス市へ 1976年(昭和51年)
  12. パナソニック社を訪問 1976年(昭和51年)
  13. 「私の夢?日本の夢 21世紀の日本」を発刊 1977年(昭和52年)
  14. 山下俊彦取締役が社長に就任 1977年(昭和52年)
  15. 創業60周年を迎える 1978年(昭和53年)
  16. 「パングリマ?マンク?ネガラ勲章」を受賞 1979年(昭和54年)
  17. 中国を訪問 1979年(昭和54年)
  18. 関西日蘭協会が創立20周年 1979年(昭和54年)
  19. 松下政経塾を開塾 1980年(昭和55年)
  20. 創業命知50年記念式典を開催 1981年(昭和56年)
  21. 「創業の森」が本社構内に完成 1981年(昭和56年)
  22. 「松下幸之助教授職」を設置 1981年(昭和56年)
  23. 「世界を考える京都座会」が発足 1983年(昭和58年)
  24. 「大阪21世紀計画」開幕式が挙行される 1983年(昭和58年)
  25. 日本国際賞授章式が挙行される 1985年(昭和60年)
  26. 松下記念病院が竣工 1986年(昭和61年)
  27. ツイン21ビルが竣工 1986年(昭和61年)
  28. 勲一等旭日桐花大綬章を拝受 1987年(昭和62年)
  29. 94年の生涯に幕 1989年(平成元年)

※ 「画伝 松下幸之助 道」(1981年5月5日発行)とその追加版より引用して掲載しております。
※ このサイトの内容は当時の発表時のものです。会社名や製品名等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。