マネジメントシステム

当社グループの安全衛生管理活動の目的は、先進的な取り組みを行うことで安全で快適な職場環境の実現を図り、従業員の幸福と事業の発展に貢献することにあります。併せて、構内に常駐している請負会社の社員の安全衛生についても配慮すると規程に定めています。
当社は、労働安全衛生に関する活動を継続的に維持?向上していくために、グローバルにほぼ全ての製造拠点(一部は現在構築中)で労働安全衛生マネジメントシステムを導入しています。当社拠点では、OHSAS18001の内容を包含しさらに当社独自の視点を追加した「パナソニック労働安全衛生マネジメントシステム」(OSHMS)を中心に導入していますが、顧客企業からの要請がある各国の拠点では、OHSAS18001の外部認証の取得?更新を実施しています。OSHMSを運用することで、全ての従業員が明確な役割と責任のもと、明確な目標を設定して安全衛生活動を推進するとともに、事業場長による定期的なレビューを行い、活動の見直しを図っています。なお、OHSAS18001は今後失効することから、2019年末時点で認証を取っているグローバル140事業場のうち136事業場がISO45001への移行準備を進めており、2021年3月の認証取得を目指しています。

また、職場に潜む労働災害や疾病の潜在リスクを洗い出し、優先度の高いものから確実にリスク低減すべく、労働安全衛生法を前提に、機械設備や有害物質などへのリスクアセスメントを年1回以上定期的に実施するほか、社内で発生した労働災害事例を社内のイントラネットで共有化し、各事業場にて再発防止に向けた活動を実施しています。
OSHMSに基づき、日本の各事業場では、労使メンバーから構成される安全衛生委員会において、労働者の危険防止対策、労働災害の原因及び再発防止対策、労働者の健康障害防止対策、労働者の健康の保持増進対策等について調査審議しています。また、構内請負会社の労働者との混在作業による労働災害を防止するため、構内請負会社と安全衛生協議会を開催し、作業間の連絡調整等、総合的な安全衛生管理を行っています。
本社ではグローバル約340拠点の労働災害発生状況を管理する仕組みを構築しており、重大な労働災害発生時には24時間以内の報告?365日モニタリングしており、災害事例等を全社へ共有化を行っています。労働災害発生事業場においては、発生原因の追究と再発防止対策を行うとともに、各事業場で未然防止の取り組みを実施しています。
また、毎年3月に全社の重点取り組み方針を定め、毎年7月の全国安全週間、10月の全国労働衛生週間には、社長から別途当該年度の全社重点取り組みに関するメッセージを発信するなど、取り組みの周知徹底を図っています。
さらに、パナソニックグループの安全衛生関係者が外部講師による講演を聴き、各事業場(海外含む)の安全衛生?健康づくり活動の好事例を学び合い、無災害の達成や優れた取り組みを行った事業場を表彰する場として、毎年9月に健康?安全衛生フォーラムを開催し、活動の高位平準化を図っています。

方針

当社は取締役会が制定する「パナソニック行動基準」及び社長が発信する「パナソニック労働安全衛生ポリシー」をパナソニックグループ各社にグローバル展開し、従業員の安全と健康の確保に努めています。(本社で主要言語-英語?中国語に翻訳、各事業場では多言語に対応)

パナソニック行動基準(一部抜粋)

従業員の健康に配慮し、安全で快適な職場環境の確保に努めることを定めています。

第3章 会社と従業員とのかかわり

(2)人権の尊重

4. 会社は、従業員の健康に配慮した安全で快適な職場環境の確保に努めます。

パナソニック労働安全衛生ポリシー

当社は、「パナソニック労働安全衛生ポリシー」として、労働安全衛生宣言とともに、労働安全衛生行動指針を定め、8項目にわたる取り組み内容を示して、その徹底に努めています。

労働安全衛生宣言

わが社は、経営理念に示された「人間尊重」の精神に基づき「心身ともに健康で安全に働ける快適な職場」の実現に向けて万全の配慮と不断の努力を行う。

労働安全衛生行動指針

  1. 法の順守
    各事業場は、安全衛生に関係するすべての法律、規則、通達を含む法的要求事項を満たす自らの規程?基準を確立し、これを順守しなければならない。
  2. 経営資源の投入
    各事業場は、心身ともに健康で安全な快適職場を実現するために、人的、技術的および資金的な資源を投入しなければならない。
  3. 労働安全衛生マネジメントシステムの構築と維持向上
    各事業場は、安全衛生活動を向上させるために、労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、その維持向上を図らなければならない。
  4. 役割、権限、責任の明確化?組織体制の整備
    労働安全衛生マネジメントシステムを円滑に運用し、自主的継続的改善の推進を図るために、各事業場は安全衛生組織、法的資格選任者および管理監督者の役割、権限、責任を明確にしなければならない。
  5. 危険?有害要因の除去?低減
    各事業場は、リスクアセスメントを実施し、危険?有害要因を特定して改善を図り、これを除去?低減しなければならない。
  6. 安全衛生目標の設定?管理計画の作成と実行
    各事業場は、安全衛生委員会等により事業者(経営者)と従業員が一致協力して、安全衛生活動の評価を行ない、災害および健康影響の危険性を特定し、適切な目標を設定し、目標の達成を確実にする安全衛生計画を作成し、これを実行しなければならない。
  7. 監査の実施と事業者(経営者)による見直し
    各事業場は、安全衛生活動状況を監視する定期監査を行なうと共に、その結果に基づき事業者(経営者)による適切な見直しを行ない、継続的な改善を実施しなければならない。
  8. 教育?訓練
    各事業場は、従業員および構内協力会社に対し安全衛生管理計画に沿った教育?訓練を実施し、安全衛生ポリシーおよび労働安全衛生マネジメントシステムを周知徹底しなければならない。

2013年4月1日
パナソニック株式会社 社長  津賀 一宏

教育

当社は「安全衛生教育指針」及び「メンタルヘルス教育指針」を定め、従業員、経営者、安全衛生スタッフに対する教育を実施しています。
また、各事業場の安全衛生?健康づくり活動の好事例を互いに学び合い、無災害の達成や優れた取り組みを行った事業場を表彰する場として、毎年9月に健康?安全衛生フォーラムを開催し、活動の高位平準化を図っています。

本社主催?参画の研修と受講者数(2019年度)

研修名

期間?時間

受講者数

安全衛生担当者研修(初級)

3日

25人

人事職能基礎コース

3時間15分

46人

ISO45001内部監査員養成研修

2日

機械設備安全基準講習会

2日

24人

販売実習事前教育

55分

795人

キャリア採用導入教育

60分

451人

経営者?工場長安全衛生セミナー

2日

18人

人事担当責任者安全衛生セミナー

2日

16人

生産技術担当責任者安全衛生セミナー

2日

21人

※対象:国内のパナソニック株式会社及び関係会社

責任者?体制

労働安全衛生担当執行役員は、執行役員 CHROの三島 茂樹です。(2020年8月現在)
当社は、グループにおける安全衛生管理について定めた「安全衛生管理規程」に基づき、以下のような体制を構築しており、各カンパニーの労働安全衛生については、カンパニー社長(執行役員以上)が監督しています。

全社安全衛生推進体制

本社のガバナンス?支援のもと、各カンパニー/事業場が自主責任?自己完結型で安全衛生活動を推進し、地域統括が地域特有の課題に対する各カンパニー/事業場へのガバナンス?支援を行う体制を構築しています。 社長、総括安全衛生管理者、全社中央安全衛生委員会、カンパニー総括安全衛生管理者、カンパニー中央安全衛生委員会、事務局:安全衛生担当部署(営業?流通 - 営業?流通会社、各事業部 - 国内拠点、地域総括(北米、中南米、欧州?CIS、東南アジア?大洋州、インド?南アジア?中東阿、中国?北東アジア、各事業部の海外会社))

労働安全衛生に関する相談窓口

当社では、従業員の精神的?身体的ストレスに対する予防や対応の窓口として、以下の相談窓口を設置しています。

従業員相談員(または所属事業場の人事部門)
当社では、業務経験の豊富な従業員を「相談員」として任命し、他の従業員からの相談に対応する「相談員制度」を1957年から導入しています。相談員は、従業員からの福祉制度に関する相談への対応や、仕事や私生活の悩みやトラブルを主体的に解決するための支援を行っています。

EAP相談室
従業員の個人的な悩みや心配ごとを、会社や健康保険組合に知られることなく相談できる、専門のカウンセラーを設置しています。
※ EAP(Employee Assistance Program):従業員援助プログラム

健康管理室
産業医?産業保健スタッフが常駐して、業務中の疾病の処置、心身の健康相談、生活習慣病予防や禁煙などの健康支援プログラムを提供しています。

労働災害の発生状況

休業度数率の推移※1(目標)休業度数率:0.1

(100万延労働時間数あたりの休業災害件数)

電機機械器具製造業:2015年度/0.54件、2016年度/0.51件、2017年度/0.45件、2018年度/0.58件、2019年度/0.54件、パナソニックグループ※2:2015年度/0.18件、2016年度/0.12件、2017年度/0.17件、2018年度/0.14件、2019年度/0.23件、パナソニック(株)単体:2015年度/0.09件、2016年度/0.14件、2017年度/0.15件、2018年度/0.08件、2019年度/0.11件、休業度数率2020年目標(0.10)

強度率の推移※1

(1,000延労働時間数あたりの労働損失日数)

電機機械器具製造業:2015年度/0.03日、2016年度/0.05日、2017年度/0.02日、2018年度/0.02日、2019年度/0.01日、パナソニックグループ※2:2015年度/0.004日、2016年度/0.054日、2017年度/0.004日、2018年度/0.005日、2019年度/0.005日、全産業:2015年度/0.006日、2016年度/0.107日、2017年度/0.004日、2018年度/0.005日、2019年度/0.004日

【出典】労働災害動向調査(厚生労働省)

死亡災害件数(グローバル)の推移※3

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

0

1
(日本:社員)

0

1
(海外:現地社員)

1
(日本:派遣社員)

※1 海外及び派遣?構内請負社員除く
※2 パナソニックホームズ(株)を2014 ~ 2017年は除き2018年は含む、派遣?構内請負社員除く
※3 海外及び派遣?構内請負社員含む

健康指標の推移

歩数自覚率

(1週間の概ねの合計歩数を把握している者の割合)

歩数自覚率:2019年度 男性:49.1%、女性:40.3%、全員:46.8%

運動実施率

(1回30分以上の運動を週2回以上、1年以上実施している者の割合)

運動実施率:2019年度 男性:23.7%、女性:14.4%、全員:21.3%

喫煙率

(たばこを吸っている者の割合)

喫煙率:2019年度 男性:29.7%、女性:9.1%

肥満率

(BMIが25以上の者の割合)

肥満率:2019年度 男性(20歳以上男性):32.1%、女性(40歳以上):21.1%

2018年度から全社で歩数自覚の取り組みを進めた結果、歩数自覚率は10年間で約3倍に増加し、運動実施率も漸増しています。また、屋内分煙から屋内禁煙化の取り組みにより、喫煙率は男性では25%強、女性ではピーク値から4%低下しています。一方、肥満は健康づくりの取り組みにより一度低下したものの、最近は再上昇を続けており、今後ますます健康づくり活動の裾野を広げる必要があります。

主な取り組み

安全

「設備安全基準」の作成
設備における労働安全リスクを事前に防ぐため、新工場建設時や、既存の事業場で新たに生産設備を導入する際は、使用する全ての設備に対して、「設備安全基準」に基づく適合性評価を行い、安全性の確認を行っています。「設備安全基準作成指針」は、各事業場の「設備安全基準」の基本形として日本国内の法令、国際的な規格、社内に蓄積されたノウハウや実際に発生した災害事例の分析を踏まえたもので、多言語で共有されています。

「労働災害防止3か年取組計画」の推進
災害の内訳として多い、設備への「はさまれ?巻き込まれ」、「切れ?こすれ」や、通路?階段での「転倒」、「墜落?転落」等の労働災害防止に向け、全社共通の取組項目を定めており、各事業場ではその実施計画(2018 ~ 2020年度)を策定し取り組んでいます。

労働衛生

重量物や化学物質を扱うなどの特殊作業については、安全データシート(SDS)による作業確認や適切な保護具の提供を行い、できるだけ作業を減らすよう努めるとともに、化学物質のリスクアセスメントの義務化(2016年6月)に伴い改めて対象物質の確認を行い、法令に基づく追加の健康診断を実施し、健康に影響を及ぼすことがないよう継続的にモニタリングしています。

ストレスチェック制度については、定期健康診断とあわせて実施するなど、パナソニックグループ社員全員が受検するよう事業場毎に工夫をしています。ストレスチェックの結果については本人のストレス状態の気づきに加えて、職場診断分析をフィードバックし、職場の活性化を通じたメンタル不調者発生の未然防止対策に活用しています。
長時間労働対象者および定期健康診断の結果において安全配慮が必要な社員については独自基準に基づき産業医面談を実施し、就業措置を行うなど健康障害防止対策を講じています。
また、当社では、社員の健康および法令遵守の観点から長時間労働の是正と、それを可能にする短期的な対策に止まらない抜本的な業務プロセスの見直しや働き方?休み方の改善等について継続的に取り組んでいます。

健康

パナソニックグループでは、2001年度からグループ全体の健康づくり活動「健康パナソニック」を会社?労働組合?健康保険組合が一体となって推進しています。パナソニックの持続的成長を確かなものにするために、社員の高齢化が進行する中で、転倒災害の予防や脳?心疾患発症リスクを低減し、心身の両面における社員のコンディションを整え、高いパフォーマンスを発揮していくことを目指しています。

推進体制

健康パナソニックの推進責任者は執行役員 CHROの三島 茂樹です。(2020年8月現在)
健康パナソニックの方針?施策の決定機関として、「健康パナソニック推進委員会」を設置し、その傘下の「健康パナソニックワーキンググループ」で施策の具体的な内容を決定し、各事業場の安全衛生委員会で施策を実行しています。

「健康パナソニック」の推進体制と役割

方針?施策の決定「健康パナソニック推進員会(年2回)委員長:人事担当執行役員、会社委員、労働組合委員、健康保険組合委員」、施策の具体的内容の決定等「健康パナソニックワーキンググループ(年4回)会社メンバー、労働組合メンバー、健康保険組合メンバー」、施策の実行「各事業場安全衛生委員会(月1回)議長:総括安全衛生管理者、会社役員、労働組合委員、産業医、産業看護職」

従業員の健康課題

従業員の高年齢化に伴い、肥満や健診有所見者が増加するとともに転倒災害が増加しています。一方、生活習慣では歩数自覚や禁煙以外は数%の改善に留まり、健康課題の解決のためには従業員のヘルスリテラシーを高め、健康行動の実践者の拡大を図る必要があります。

取り組み内容

従業員の健康意識を高める取り組みとして、グループ全体で毎年禁煙デー(6月1日)、ヘルスアップデー(10月1日)を実施し、2019年度はそれぞれ92%、79%の事業場で受動喫煙防止や禁煙、食事、運動の取り組みが行われました。体力づくりとコミュニケーションの向上を目的に実施している競技玉入れ「アジャタ」は181事業所(安全衛生委員会単位)、4.0万人の従業員が参加しました。また、ICTを活用した健康づくりとして、Webサービスや生活習慣アプリによる健康情報提供や健診結果閲覧、健康チャレンジ、ヘルスケアポイントの取り組みを行い、全従業員の55%が利用しています。
環境整備では、屋内禁煙化を推進するとともに、全国67カ所の社員食堂の社内認定(ヘルスアップ食堂認定制度)を行い、食堂利用者の78%が健康に配慮したメニューを選ぶことが可能です。
一方、特定保健指導対象者および健康高リスク者を対象に、全国160カ所の健康管理室を中心に積極的に保健指導や産業医面談、必要に応じた安全配慮を実施しています。
2019年度からは「健康パナソニック ~未来に続け、今日の一歩~」として、より活動の視野を広げ、一人ひとりが健康意識を高め、自ら主体的に健康づくりに取り組む活動を推進しています。2020年度は「運動の習慣化」をテーマに、従業員の体力づくりの取り組みを行っています。

2019年度からの「健康パナソニック」の概要

健康障害防止、医療費増加抑制×個人と職場のいきいき生産性向上 「健康状態?いきいき度(健康リスクダウン?心身のストレスダウン?ワークエンゲイジメントアップ?職場の健康度アップ)、ヘルスリテラシー強化、方針?仕組み?環境整備 会社?労組?健保の三位一体で「Pull型健康づくり*」を推進 *自分自身や家族のために、自分に合った取り組みを自ら行う健康づくり、生活習慣(適正な生活習慣)、健康意識?行動(健康宣言、健康チャレンジ、健診(検診)受診)職場? 家庭のコミュニケーション(職場の支援?一体感)」

また、HIV?AIDSの予防、感染者と家族の支援として、当社では、「エイズについて正しい知識を持って対応すれば予防でき、無用な不安や職場での混乱を避けることができる」との考えのもと、従業員への啓発活動を最優先に取り組むことを基本としています。また、人事管理面では感染者の人権保護を第一義として対応するものとし、個人情報の守秘、人事上の差別の禁止、同意なしのHIV抗体検査の禁止、啓発活動の実施の4点を対応の原則としています。