SDGsへの取り組み

SDGsは、“Sustainable Development Goals”の略で、2015年9月の国連サミットで採択された、持続可能でより良い世界を目指す国際社会共通の目標です。

パナソニックは創業以来の経営理念に基づき、お客様のお役に立つ商品やサービスを提供する事業活動を中心に、様々なステークホルダーとの協働?共創を含めたあらゆる企業活動を通じてSDGsの達成に貢献してまいります。

図版:「企業は社会の公器、事業活動を通じて社会に貢献する」というパナソニックの経営理念とブランドスローガン「A Better Life, A Better World」を土台とし、ステークホルダーとの協働?共創を推進しながら、当社はあらゆる企業活動を通じてSDGs達成に貢献します。企業活動として大きく以下の3つを掲げています。最も割合の大きいものが「1. 事業活動による価値提供」。残る二つは「2. 責任ある事業活動の推進」「3. 会社と社員による社会貢献」です。1番では当社のテクノロジーや知見を生かし、人々のくらしや社会、地球環境のサスティナビリティに貢献するイノベーティブな商品やサービス、ソリューションを提供していきます。2番では事業活動を支え、価値を生み出すプロセスにおいて、企業の社会的責任(CSR)を果たします。3番では誰もが活き活きとくらす「共生社会」の実現に向けて、企業市民活動でお役立ちをします。当社が貢献するSDGsの17のゴールを掲示しています。Sustainable Development Goals(世界を変えるための17の目標)。1:貧困をなくそう。2:飢餓をゼロに。3:すべての人に健康と福祉を。4:質の高い教育をみんなに。5:ジェンダー平等を実現しよう。6:安全な水とトイレを世界中に。7:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに。8:働きがいも経済成長も。9:産業と技術革新の基盤をつくろう。10:人や国の不平等をなくそう。11:住み続けられるまちづくりを。12:つくる責任つかう責任。13:気候変動に具体的な対策を。14:海の豊かさを守ろう。15:陸の豊かさも守ろう。16:平和と公正をすべての人に。17:パートナーシップで目標を達成しよう。これらは、2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標です。

SDGsの目標達成に向けた様々な取り組みを当社企業広告でもご紹介しています。